Kintetsu Friendly Hostel(天王寺/大阪)

「Kintetsu Friendly Hostel」は、大阪・天王寺駅の前に広がる天王寺公園内にあるホステル。都心の公園にある宿泊施設は貴重な存在だが、大阪市が進める民間による公園の活用で生まれたとのこと。

公園の入口の「てんしば」と呼ばれるエリア、カフェやレストランの立ち並ぶ脇にある、四角い建物。正面は観光バス用の待合室で、バス乗り場側に向いた入り口からホステルに入れる。

建物の見た目…というより看板のデザイン…が周囲のオシャレ感から浮いている気がしなくもないけれど、居心地良く嬉しいサービスのあるコスパ良いお宿です。

旅行者として嬉しいのは近くにある日本一高い高層ビル「あべのハルカス」の入場券がついてきたこと。展望台に入れるのは嬉しすぎる!
(経営母体がおなじ近鉄不動産だからこそのサービス。宿泊時点でのサービスにつき、継続しているかどうかは保証できかねます…)

実測イラスト
実測イラスト(クリックで拡大)

ベッド

既製品の2段ベッドをもとにしながら、嬉しい工夫がいろいろと見られるベッド。今回は上段で宿泊。

枕もとには携帯電話の充電にちょうどよい棚と小さなライト。このあたりの壁とベッドとの間の隙間は、後付の板で埋められていて、携帯電話などを落とす心配のないスペースになっている。
(ほかのドミトリーでは、ここが意外と隙間になっているベッドをよく見る。その隙間から携帯電話を落として下段のひとのところへお邪魔したことがあるのは私の経験談……)

足元には、ベッドに継ぎ足して作られた荷物置き場。ちょうどここに証明があるおかげで、物書きデスクとしても使えて便利。400×700×高さ600(有効)のスペースは、2~3泊分のリュックなら納まりそう。ベッド内に荷物を置いて寝床を狭めがちな私には嬉しかった。

ベッドから天井までの高さが1100あるので、2段ベッドの上段としては余裕の広さでありがたい。

  • ベッド空間寸法:2170(長手)×1000(幅)×1100(高さ)
  • ふとん:マットレス 厚さ約70 シーツは準備必要
  • 個人用照明:あり(2つ) 壁ブラケット照明、枕元読書灯 調光なし
  • 充電環境:あり 100Vコンセント×2口
  • セキュリティボックス:あり 内寸270×180×180 番号ロック
  • ハンガー:備付け3本
  • 個人用テレビ・情報端末等:なし
  • 構造:木製ベッド(既製品改造)
  • ベッド外荷物置き場:ドミ内通路使用。狭いかも

寝室エリア

  • ドミトリー・4人共有(室ごとに男女別)
  • 寝室と他の室は戸で区切られ防音OK
  • トイレ:3+1室/ 36人 洗浄便器
    +1は男性小便器
  • シャワー:2基/ 36人 個別更衣室 フェイスタオル200円
    シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ 備付け
  • 洗面台:5台/ 36人 湯水混合
  • ドライヤー: 5台/36人
  • コインランドリー:洗濯1基,乾燥1基/全館
  • セキュリティ:暗証番号ロック 電気式(室ごと)

共有部

  • 共有リビング:1階にあり 24時間開放
    テーブル・ソファー・カウンターテーブル
  • 共有キッチン:あり(結構広い)
  • 無料サービス:
    提供…朝食セット(パン・飲み物)、展望台(あべのハルカス)入場引換券
  • カフェ:なし 共有スペースで朝食提供7:00~9:00
  • 建物:鉄骨造3階建て

公式サイト: https://www.friendlyhostel.osaka/

※コメントはTwitterからお願いします

MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前 (蔵前/東京)

「MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前」は、東京・浅草の隣の駅、蔵前駅の上にあるカプセルホテル。

よくあるカプセルホテルが効率を重視した上下2段積みなのに対し、ここはあえて上下に積まないカプセル(ここでは「Cube」と呼んでいる)としてカプセルホテルの『狭さ』を脱却したことが特徴だ。

実測イラスト(クリックで拡大)

ベッド

規格品のカプセルホテルの機能性をそのままに、2段積みをやめることで上下のゆとりを生み出した「Cube」。160cmを超える高さは、視覚的な開放感のみならず、立って着替えができる利便性にもなっている。

高さ方向のゆとりを生かしたもう一つの特徴がベッド下の鍵付き荷物置き場。鍵付きは安心だが、有効高さが中途半端なので(航空機持ち込みサイズを超える)スーツケースを入れられない旅行客が多く、通路の隅に置くしかないのは残念である。

  • ベッド空間寸法:2090(長手)×1055(幅)×1605(高さ)
  • ふとん:マットレス 厚さ約100 シーツ準備済み
  • 個人用照明:あり 壁埋め込み照明(間接) 調光付き
  • 充電環境:あり 100Vコンセント×1口 + USB充電2A×1口
  • セキュリティボックス:あり 内寸230×110×220 シリンダー錠つき
  • ハンガー:備付け3本
  • 個人用テレビ・情報端末等:あり
    (東京地上波TV放送、BS放送、海外放送は米中韓1局ずつ、館内案内プログラム)
  • 構造:鋼製スリープカプセル(コトブキシーティング)
  • ベッド外荷物置き場:ベッド下 1050×1000×350 シャッター・シリンダー錠つき

寝室エリア

  • Cube寝室・23人共有(6階女性ドミ 他フロアに男性ドミあり 混合ドミなし)
  • 寝室と他の室は戸で区切られ防音OK
  • トイレ:5+1室/ 23人 洗浄便器(TOTO)
    1室はパウダーコーナーに付属
  • シャワー:4基/ 23人 24時間使用可能 個別更衣室 タオル無料
    シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ 備付け
  • 洗面台:4台/ 23人 湯水混合
  • ドライヤー: 4台/23人
  • コインランドリー:洗濯1基,乾燥1基/ 23人 女性フロアはランドリーも女性専用
  • セキュリティ:カードキー(停止階制限エレベータ、自動ドア)

共有部

  • 共有リビング:2階にあり 24時間開放
    テーブル・ソファー・カウンターテーブル
  • 共有キッチン:なし
  • 無料サービス:
    貸出…タオル(バスタオル・ハンドタオル×2)、館内着、スリッパ、ヘッドホン
    提供…歯ブラシ、ボディスポンジ、化粧水・乳液など(パウダールームに小分け袋で配置)
  • カフェ:朝食のみ2階にあり 宿泊外利用不可 6:00~9:00
  • 建物:鉄筋コンクリート造9階建て

公式サイト: https://www.mystays.com/hotel-mycube-by-mystays-asakusa-kuramae-tokyo/

※コメントはTwitterからお願いします

BOOK AND BED Tokyo Ikebukuro (池袋/東京)

「BOOK AND BED Tokyo Ikebukuro」は、東京、池袋駅西口にあるゲストハウス「泊まれる本屋」で、各地に展開するBOOK AND BEDの1号店。
(「泊まれる本屋」は登録商標なのだそう。)

2015年に開業したこの「泊まれる本屋」。当初は7階の1フロアだけであったものが、1年ほど経った2016年末に8階にもフロアを拡大するリニューアル。
(設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE)

私は7階だけだったころに1度泊まっていたため、今回の再訪では新たな空間の出現にわくわくしたのでした。

実測イラスト(クリックで拡大)

ベッド

「BOOK SHELF」と名づけられたとおり、本棚の中にあるこのベッド。本棚の中に潜り込む形は、登場時、とても新鮮なものだった。

今回(8階客室)割り当てられたベッドは上段。前回(7階客室)も上段で、建物の構造梁があって寝起きに頭を打ってしまった思い出がある(相手はコンクリートだし地味に痛い…もちろんすっきり目が覚めた)。その改善で、今回泊まった8階では構造梁の下端高さに布を張って天井としていて、梁の角にはクッションを付けている。こんな地味な工夫が見えると嬉しい。

※私が泊まったベッドは全体のわかる写真ないため、他のベッドの写真です
  • ベッド空間寸法:2040(長手)×940(幅)×930(高さ)
  • ふとん:シングル布団 厚さ約40
  • 個人用照明:あり 置型ランタン 暗めの白熱電球
    寝落ちするのを狙って?暗めの明かりなので、読書に向くかは視力次第。
  • 充電環境:あり 100Vコンセント×2口
    3口コンセントだが、1口は照明で使用
  • セキュリティボックス:あり 内寸300×155×195
    デジタルテンキー 任意の番号を使える
  • ハンガー:備付け2本
  • 個人用テレビ・情報端末等:なし
  • 構造:木製造作バンクベッド 本棚と一体
  • ベッド外荷物置き場:本棚(ベッド)の最下段を利用

寝室エリア

  • ドミトリー・22人共有(8階の場合。2フロアとも混合ドミ)
  • ドミトリーとリビングが同室(7/8階「BOOK SHELF」)。
    7階「BUNK」は一応別室だが、戸がないため防音なし。8階「BUNK」は「BOOK SHELF」と連続していて実際同じ。
    宿のコンセプト上、読書する単身客がほとんどなので、リビング一体とはいえ夜は静か。
  • トイレ:大2 男性小1/ 22人 洗浄便座(TOTO)
  • シャワー:3基/ 22人 24時間使用可 個別更衣室 タオル有料
    シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ 備付け
  • 洗面台:4台/ 22人 湯水混合
  • ドライヤー: 4台/22人
  • コインランドリー:なし
  • セキュリティ:カードキー(各階入口開き戸が施錠)

共有部

  • 共有リビング:7・8階にあり 割当て階以外も利用可
  • 共有キッチン:なし
    ただし、電子レンジ(Balmuda)、トースター (Balmuda) 、ポット(Balmuda)、コーヒーメーカー(Nespresso)はあり。水は洗面台から使用
  • 無料サービス:耳栓 (お茶・コーヒーは有料)
  • カフェ等:フロントで飲料販売あり 外部利用不可
  • 建物:鉄筋コンクリート造8階建ての7・8階

公式サイト: http://bookandbedtokyo.com/tokyo/

※コメントはTwitterからお願いします

akicafe inn (猿猴橋町/広島)

「akicafe inn」は、広島駅の南口近く、猿猴橋町にあるゲストハウス。

2012年にオープンしたゲストハウスが、2019年1月にリニューアルしたところ。
1階の共用部がカフェとして街に開かれた、明るい雰囲気の宿だ。

実測イラスト(リンクで拡大)

ベッド

木製のバンクベッド(作り付け2段ベッド)は、ゆとりある寸法でまた機能的。
特徴的なのは図の左側にある荷物置き場の大きさで、850×300mmの広さの荷物置き場が上下2段に利用できる。防犯上も優れた枕もとの配置、しかも上の部分は(持ち込みの南京錠で)鍵がかかるので安心感が増す。
うれしい工夫は照明とコンセント。落ち着いた色の間接照明は調光できるので好みに応じて常夜灯にも使える。充実の4口コンセントは、いろいろなものを充電したいときに助かる。

  • ベッド空間寸法:2200(長手)×1000(幅)×1200(高さ)
  • ふとん:シングル布団+マットレス 厚さ約200 シーツ準備済み
  • 個人用照明:あり 壁付け照明(間接) 調光付き
  • 充電環境:あり 100Vコンセント×4口
  • セキュリティボックス:あり 内寸850×300×450 南京錠は持込み
  • ハンガー:備付け2本
  • 個人用テレビ・情報端末等:なし
  • 構造:木製造作バンクベッド
  • ベッド外荷物置き場:通路スペースを適宜利用

寝室エリア

  • ドミトリー・18人共有(女性ドミ/混合ドミ 別途個室あり)
  • ドミトリーにミニリビングが付属。戸で区切られ防音OK
  • トイレ:2室/ 18人 パナソニックアラウーノ(泡洗浄便器)
  • シャワー:2基/ 18人 24時間使用可能 個別更衣室 タオル有料
    シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ 備付け
  • 洗面台:3台/ 18人 湯水混合
  • ドライヤー: 3台/18人
  • コインランドリー:洗濯1基,乾燥1基/ 18人 女性フロアはランドリーも女性専用
  • セキュリティ:テンキーロック

共有部

  • 共有リビング:1階にあり 24時間開放 屋内連絡ないため、外部階段から出入り
    テーブル・畳コーナー
  • 共有キッチン:1階にあり IHコンロ、電子レンジ、トースター、炊飯器
    電子レンジ・トースター・炊飯器はバルミューダ
  • 無料サービス:お茶パック
  • カフェ等:カフェが1階にあり 宿泊外利用OK 8:00~17:00
  • 建物:鉄筋コンクリート造4階建て 断熱あり

公式サイト: https://akicafe.co.jp/

※コメントはTwitterからお願いします